リステリンフッ素で口臭が悪化する場合の原因は口内善玉菌の減少その対策

自分の口臭が気になりちゃんとケアしたい、だからリステリンフッ素配合を購入したのに口臭が改善しない、むしろ悪化した。

そんな人の主な原因は、歯と歯の間の歯間ケアができておらず、歯垢や食べかすがまだ歯の間に挟まっておりそれが腐敗して悪臭を出す

また、リステリンの強力な殺菌効果、アルコールの刺激によって口内の善玉菌も死滅、さらに人によっては唾液の分泌が低下し口臭の原因菌を増やしてしまいます。

こちらではリステリンフッ素を使用しても口臭が改善されない人の対策方法を紹介しています。

関連記事:リステリンフッ素と併用おすすめアイテム

リステリンフッ素使用しても口臭がする場合唾液の分泌を増やす

唾液は口内環境を改善するために必要な分泌物です。

  • 歯の再石灰化(虫歯予防)を促す
  • 口内の善玉菌の増殖
  • 口内の口臭の原因である悪玉菌の抑制

リステリンフッ素を使用しても唾液の分泌が低下してしまうと、口内の悪玉菌が増殖し口臭を発生しやすい環境となってしまいます。

そのためにも唾液の分泌量を増やすようにしましょう。

  • 噛み応えのある食品をメニュー
  • 昆布茶
  • ガムをかむ
  • 暇を見つけて舌回し

口内を刺激することによって唾液を分泌させることができます。

また、昆布に多く含まれるグルタミン酸は唾液の分泌を促してくれる成分なので口内が乾きやすい人は休憩中の飲み物として活用されるのをおすすめします。

口内環境を整えるおすすめのアイテム

ライオン Systema オーラルヘルスタブレット 90粒 1箱

乳酸菌【T12711】は、口中に生息する乳酸菌で、お口の中ですばやくひろがります。

歯磨き後に使用するだけなので手間いらず。量も多くコスパも申し分ない点が魅力です。

Breash(ブレッシュ)

ブレッシュ

ブレッシュという国内ネット販売されている口臭サプリで、口で溶かすチュアブルタイプのタブレット。

場所を選ばず口臭対策ができます。

  • 悪臭の原因である菌を殺菌するカテキン
  • なた豆に含まれるカナバニンによる口内環境の調整
  • 体内から発生する口臭の原因を消臭するシャンピニオン、デオアタック、モリンガ等
  • 口内善玉菌を増やす乳酸菌生産物

実は口臭の原因は口内だけではなく、胃の不調、肝機能の低下、腸内環境の不調などによって発生したガスが口臭として吐き出されることも少なくありません。

このブレッシュは口内+体内の二つに働きかけて臭いの消臭と環境改善に働きかけてくれます。

水無しでそのまま口に含んで溶かすだけなのでお手軽。

芸能人の田中律子さんも愛用されています。

リステリンフッ素口臭対策してもまだ臭う場合は体内環境が原因の可能性

リステリンフッ素とデンタルフロスで大抵の口臭は改善されます。

さらに口内環境を改善する対策をすれば口内からの口臭というのはほぼ無いといってよいでしょう。

それでも口臭がするという場合体内環境に原因がありリステリンフッ素では対応できません。

  • 臭い玉
  • 胃の消化不良
  • 飲酒やストレスによる肝機能の低下
  • 便秘
  • 腎臓病
  • ガン
  • 自分は臭いかもしれないという強迫観念による精神的な問題

もし、いくら対策しても口臭が気になる実際臭っている場合はまずは内科で相談されるのをおすすめします。

大きな病気を患っている可能性も否定できません。

リステリンフッ素でも口臭がするまとめ

リステリンの協力な殺菌とアルコール効果によって唾液分泌が低下し、口内の善玉菌が減る、唾液の分泌が低下するため口臭がする。

または磨き残しで歯と歯の間に食べかすや歯垢が残ってるからそれを対策すればまずは口臭は減ります。

それで減らない場合は体の内側に原因があるので診察してみましょう。

未分類
リステリンフッ素配合体験談朝の口の粘着きや口臭が激減しました
タイトルとURLをコピーしました