わかるかな?
チコちゃん
チコちゃん
ラクトアイスの「ラクト」って何なのか…
チコちゃんは知っています。

ラクトアイスの「ラクト」とは…

乳

チコちゃん
これはどういうことなのか?

皆さんが普段食べているアイスクリームのパッケージをよく見ると、アイスクリームと書いてあったり、ラクトアイスやらアイスミルクやら氷菓やら、様々な書き方がされています。

(株)ロッテ調べによると…

これはアイスに含まれる乳固形分や乳脂肪分の違いで分類されたもの。

ラクトアイスのラクト(lacto)は、ラテン語で「乳」を意味する「lac」からきています。また、アイスクリームの分類は、法令で定められています。

チコちゃん

分類は以下の通り。

●アイスクリーム
乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上
一般的に乳固形分と乳脂肪分が多く含まれています。
例) レディーボーデン、 ガーナ濃密チョコレートアイス


●アイスミルク
乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上
乳固形分と乳脂肪分はアイスクリームに比べて少なくなっていますが、ほぼ牛乳と同じくらいの乳成分を含んでいます。(植物油脂が使われることもあります。)
例) 雪見だいふく、 ガーナチョコ&クッキーサンドマルチ、 ガーナ濃密チョコレートアイス〈チョコ〉


●ラクトアイス
乳固形分3.0%以上
乳固形分は種類別アイスミルクよりさらに少なく、植物油脂が使われることもあります。
例) 爽、 雪見だいふく、 HERSHEY‘Sシリーズ、 とろ~りれん乳三昧シリーズ、 Doleチョコバナナ


●氷菓
上記以外のもの
乳固形分はほとんどありません。果汁を凍らせたアイスキャンディーやかき氷などがあります。
例) Doleもりだくさんフルーツ、 カルピス®アイスバー


つまり、乳固形分や乳脂肪分が多く、ミルクの風味が濃厚な順に並べると、上記のような順になります。

ということで…
ラクトアイスの「ラクト」とは…

乳

でした。

みなさんも、いろんなアイスの種類を食べ比べてみてね。

チコちゃん

チコちゃんのアイスに関する他のギモンも見てみよう!

キャンペーンTOPへ